出雲中央通り商店街 トップページ ブロンズ像のお話

ブロンズ像のお話

2012年は、日本最初の歴史書といわれている「古事記」が編纂されてから、ちょうど千三百年にあたります。これを記念して各地で古事記神話が取り上げられ、まさに神話ブームが到来しました。
この古事記神話の内容は、その3分の1が出雲神話で構成されているのです。出雲は神話の古里であるといっても過言ではありません。これを「まちおこし」の材料にして、出雲市今市町の活性化を図ろうと、NPO法人「シャーネ・エレーテ今市」を立ち上げました。
さて、出雲神話と行っても、その内容は周知されていません。そこで物語性のあるブロンズ像を並べることによって 来雲された全国の方々に出雲神話を理解していただこうと次のような計画をたてました。
出雲市駅から北に延びる大通りを「神話通り」という愛称にし出雲市役所(国道9号線)までの間を三区間に分け、出雲神話物語を出雲市駅から順に、時系列にしたがって設置しようと考えました。

【オオナムチの成長ゾーン】スセリヒメを背負い「いざ!出雲の国づくりへ」

スサノオの元に何時までもいては、試練がますばかりと考えたオオナムチは、根の堅州国からの脱出を計画します。スサノオに命じられて、スサノオの髪の中にいるムカデを取らせられている時、オオナムチにすっかり気を許して寝込んでしまったスサノオの長い髪を、室屋の柱の何本かに縛り付けました。そして、スサノオの宝である生太刀・生弓矢を身につけ、スセリヒメは天の詔琴をかかえオオナムチに背負われて、根の国から脱出するのです。途中、琴が木の枝に触れて地もゆれ動くほどに鳴り響いたのです。この音で目を覚ましたスサノオは、室屋を引倒して追ってきました。葦原中つ国と根の国の堺・黄泉平坂で二人を見つけましたが、時すでに遅く、彼方からオオナムチに呼びかけました。「生太刀・生弓矢で兄神たちを征服し、おまえが葦原中つ国の大きな国主(オオクニヌシ)になって治めるのだ。そして、わが娘を正妻として、宇迦の山のふもとに大きな柱を立て、高天原まで届くような屋根を高々とそびえさせて住まうのだ。この奴め!」 このお話のブロンズ像が「いざ!出雲の国づくりへ」なのです