出雲中央通り商店街 トップページ ブロンズ像のお話

ブロンズ像のお話

2012年は、日本最初の歴史書といわれている「古事記」が編纂されてから、ちょうど千三百年にあたります。これを記念して各地で古事記神話が取り上げられ、まさに神話ブームが到来しました。
この古事記神話の内容は、その3分の1が出雲神話で構成されているのです。出雲は神話の古里であるといっても過言ではありません。これを「まちおこし」の材料にして、出雲市今市町の活性化を図ろうと、NPO法人「シャーネ・エレーテ今市」を立ち上げました。
さて、出雲神話と行っても、その内容は周知されていません。そこで物語性のあるブロンズ像を並べることによって 来雲された全国の方々に出雲神話を理解していただこうと次のような計画をたてました。
出雲市駅から北に延びる大通りを「神話通り」という愛称にし出雲市役所(国道9号線)までの間を三区間に分け、出雲神話物語を出雲市駅から順に、時系列にしたがって設置しようと考えました。

【オオナムチの成長ゾーン】「オオクニヌシ(オオナムチ)と鼠」のブロンズ像

因幡のヤカミヒメ目当ての求婚旅行に出発した出雲の神々は、末弟のオオナムチにヤカミヒメをとられ、怒り心頭に達して、オオナムチをいろいろな手段で殺します。しかし、そのたびに母の力によって生き返り、ついには出雲の兄神たちの手を逃れ根の堅州国へ逃れます。そこで、スサノオの娘スセリヒメと出会い、一目惚れで結ばれます。父スサノオはオオナムチの力を試そうと色々な試練を与えます。その一つ、身の丈もある枯れ草の野に鏑矢を放って、矢をとって来いと命令します。野に駆け込んだオオナムチを襲います。これにはさすがのオオナムチも万事休す。その時ネズミが出てきて歌います。「内はほらほら・外はすぶすぶ」これを聞いたオオナムチは、合点して地面を強く踏みつけました。そこに洞穴が開いてオオナムチは落ち込みます。猛火は洞穴の上を通過していき、オオナムチは助かります。そこへ、ネズミが鏑矢をくわえて持ってきて、オオナムチに差し出します。難を逃れたオオナムチはスサノオの元へ帰り、鏑矢を渡します。焼け死んだと思っていたスセリヒメは大喜び、スサノオも、たいしたやつよ!と感心しました。